新しい金融商品の魅力とは

少額の資金で効率よく運用ができる金融商品です。24時間いつでもリアルタイムの為替レートで取引できるので、今、FXは個人投資家の注目の的になっています。

新しい金融商品の魅力とは

新しい金融商品の魅力とは

新しい金融商品の魅力とは
株式投資などさまざまな投資があるにもかかわらす、今なぜFXが注目されているのでしょう。
それは、日本という国=円には、大きな3つの潜在的リスクを抱えているからです。
私たち日本人は、このリスクに対して、あまりにも無頓着で、全く危機感がありません。
具体的には、第一の潜在リスクとしてあげられているのは、日本の人口の減少です。
厚生労働省の発表では、2055年には、日本の人口は、8,000万人台にまで減少すると報告されています。
人口が減少していくということは、国としての勢いが失われていくということです。
成長しなくなってしまった国の通貨に海外の投資家が魅力を感じるでしょうか。
次に第二のリスクとして、天然資源が乏しいということが上げられます。
アジアを中心とした新興諸国の飛躍的な経済の発展にともないエネルギー需要の増加。
生活水準の向上にともなう食料の需要増加による価格の上昇。
これらは、すでに私たちの身近な出来事として実感しているのではないでしょうか。
そのようななかで、日本は天然資源に乏しい国です。
世界が供給力低下による価格高騰に傾いていった時、天然資源に恵まれた国と比べて、あまりにも魅力の薄い国となってしまうのです。
第三のリスクとしては、深刻な財政赤字を抱えているということです。
今でも財政赤字は拡大し続けています。
それに追い討ちをかけるように東日本の大震災、福島の原発事故。
日本だけが解決の糸口を見つけられずにいる現状に、投資家が円を買い難いという材料となっています。
このようなことから、円安となり、円以外の通貨で資産を管理する必要が生まれてくるのです。
「円安リスク」に備えて、外国資産を持とうということで、今までは、「外貨預金」や「外債」で持つという方法が一般的でした。
しかし新しい金融商品として登場したFXでは、保証金を元手に何倍もの投資ができるという「てこの力」レバレッジを使い、少額の元手で、自分の資産を円安のリスクから守ることができるというメリットがあります。
レバリッジ効果とは、単なる「ハイリスク・ハイリターン」ということではなく、少額でも効率よく、全資産に近い範囲をカバーできるという手段です。
外貨預金や外貨MMFでは、外貨を保有するという選択肢しかありません。
しかしFXでは、外貨の「買い」からでも「売り」からでも取引が始められます。
例えば、ドル円相場で、ドル高円安を予想したとしましょう。
その場合は、ロングポジションを取ります。
その逆に円高ドル安に映った場合、ドル売りのショートポジションを取ることとなります。
買いでも売りでも利益を上げることができるのがFXの持つ魅力であり、他の外貨投資にはない特徴です。

Copyright (C)2014新しい金融商品の魅力とは.All rights reserved.